みんなが知りたい葉酸サプリメントの効果や選び方「完全版」

Pocket

妊婦

妊婦さんや妊活をしている女性の間では、葉酸サプリメントが話題となっていますよね。

あなたは葉酸サプリメントについてどのような印象を持っているでしょうか?

各種サプリメントでは口コミも色々とあります。

飲んで良かった! とか 実感ないわぁ とか

しかし、口コミって読めば読むほど

ぶっちゃけ、葉酸サプリメントってどうなのよ!!

とますますわからなくなりませんか?

でも、葉酸は間違いなく「妊娠」において超重要な栄養素の1つです。

これだけは、絶対に100%言い切れます。

むしろ、あなたも気付いていないかもしれませんが、妊娠前後の女性って案外葉酸が不足しがちなんです。

妊娠とは無関係の人なら、そこまで不足する心配はないんですが、お腹の中に赤ちゃんが宿った女性は、自分の体だけじゃなく、赤ちゃんの分まで葉酸がダブルで必要になるからですね。

そういう意味で、葉酸サプリメントを使うという点では間違いではないんですよ。

ただ、残念なことは葉酸サプリメントは劇的にあなたの体に変化を与えるものではないということ。

そう。「効果」というものを実感しにくいサプリメントなんですよね。

でも、効果を実感するかしないかではなく、確実に葉酸を不足させないことが重要だと気づいた人が正解です。

逆に、不足してから、お腹の中の赤ちゃんの様子が・・・となっては遅いんです。

ということで、ここでは葉酸サプリメントを使えばこんなにメリットがあるんだよ!ってことや葉酸サプリメントの利用について以下のように説明していきますね。

✅ 葉酸サプリメントの効果

✅ 飲むタイミング(いつ飲めばよいのか?)

✅ 最も効果のある飲み方

✅ 葉酸サプリメントの選び方

✅ おすすめの葉酸サプリメントとその評価について

妊活中または妊娠中の女性は是非、有効に情報活用してください。

葉酸サプリメントをうまく使えば、少なくとも安定した妊娠ライフをえられる可能性は高くなるでしょう。

失敗しないためにも、しっかりと御覧くださいね。

葉酸サプリメントの効果とは?

葉酸サプリメントの効果

葉酸は水溶性ビタミンのビタミンB群の一種。

別名、ビタミンM、プテロイルグルタミン酸ともよばれており、女性にとっては以下のような嬉しい効果を持ちます。

  • 貧血や便秘の防止
  • 美肌などの効果

最近では、成人の循環器疾患を防ぐという効果も報告されています。

これからは、男女問わず葉酸サプリメントを飲む時代になるかもしれません。

このように、様々な効果のある葉酸ですが、今回は妊活中または妊娠中の女性にとって嬉しい効果に絞って解説します。

妊婦さんが葉酸をたくさん必要とする理由

葉酸は、ビタミンB12とともに赤血球の生産を促すことから「造血ビタミン」とも呼ばれている栄養素です。また、体内でタンパク質を作ったり、細胞の生産・分裂を助けたりする重要な役割があり、身体の成長を促す働きも持っています。

本来、葉酸は私たちの体内で合成しているものではなく、水溶性のため一定時間で体外に出てしまいますので、毎日摂取しなければ欠乏することが知られています。

もしも男性・女性問わず葉酸が不足すると、貧血を起こしたり、細胞活動の低下から起こる疲労感、めまいに始まり、消化管の不調などの体調不良が起こるのです。

しかし、葉酸は様々な食品に含まれているので、偏った食生活や医薬品の多用がなければ、欠乏症になるほどには至りません。

ただ、妊婦さんの場合は例外です。

妊婦さんのお腹の中にいる胎児は、激しく細胞分裂を繰り返しながら発育していますよね。

妊娠してからわずか10カ月で小さな受精卵から赤ちゃんの体が出来上がることを想像すれば、その細胞増殖スピードの速さが想像できます。

なので、特に妊娠初期から中期にかけての退治は、細胞分裂を活発に起こすために母体に加えて、胎児の分まで大量の葉酸を必要とするのです。

妊娠中にもしも葉酸が不足すると・・・

葉酸が不足した時に胎児に起こりやすい病気の1つに神経管閉鎖障害というものがあります。

脳や脊椎がつくられる過程で何らかの異常が起こり、「無脳症」などの先天性奇形も懸念される病気です。

この病気は胎児の先天異常とも言われていますが原因は葉酸不足であることが明らかになっています。

ですから、妊婦さんは絶対的に葉酸を意識して摂らないとダメなんです。

そういう理由から、厚生労働省では妊娠中の女性に対し1日400㎍の葉酸を摂取するよう推奨しています。

ちなみに、妊娠をしていない18歳以上の女性または男性に推奨されている摂取量は、1日240㎍です。

つまり、妊婦さんは普段の1.5倍以上の葉酸を摂らなければいけないということになりますが、つわりが起こったり、食欲が減退したり、献立を考えられなかったりすると食事だけから補充するのが難しい量かもしれません。

意外と忘れがちで、当事者にならないと気づかないかもしれませんが、妊娠中はこれを食べればいいよ!という情報がそのまま利用できない時期だってあるということです。

食べられないんだよ!!!

って時期ですね。

これでは、お腹の中の赤ちゃんが元気に大きく育ってくれないかもしれないという心配が起こりますよね。

しかし、だからこそ葉酸サプリメントを利用すれば葉酸不足の問題を解決できるのです。

👉 元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】

妊活中でも葉酸は多く摂った方が良いの?

妊娠中はお腹の中の胎児が健やかに成長するために、葉酸をたっぷりと摂るべきなのは分かって頂けたかと思います。

それでは、これから妊娠するために活動している多くの妊活中の女性があえて多めの葉酸摂取を目指すのはなぜでしょうか?

実は、妊活中の女性にとっても葉酸は積極的に摂取したいビタミンなのです。

その理由こそが、葉酸の「造血効果」ですね。

造血効果とは、その名の通り血を造る効果です。私たちの血液の中には栄養素の他にも酸素を運ぶ赤血球がたくさんありますね。葉酸は赤血球の合成を促進してくれるのです。

特に女性に多い貧血や冷え性というのは、女性ホルモンの影響や筋力低下によって血流や赤血球機能の低下(赤血球の質が悪くなる)などが原因です。

もしも、貧血による冷え性があると受精卵が着床しにくくなると言われています。

だからこそ、葉酸の貧血防止効果を期待し、妊娠しやすい体質づくりのために葉酸サプリメントの利用が推奨されているのです。

葉酸がひどく不足してしまうと、「悪性貧血」と呼ばれる病気になることもあり、動悸・息切れ・立ちくらみなどが起こりますのでご注意ください。

また、胎児の発育において、最も盛んに細胞分裂を繰り返すのは妊娠初期ですが、 妊娠したタイミングというのは自分でも気付きにくいものですよね。

吐き気が起こったりすることで「あれ?」と思い、産科を受診して判明することもよくあります。

しかし、胎児の成長のことを考えれば、本当ならば妊活を始めたときから葉酸サプリメントを同時スタートしておく方が効果的です。

なので、妊活中から葉酸サプリメントを使うと良いのです。

👉 元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】

つわりの緩和にも効果がある

つわり

葉酸はつわりの治療に使用されることを知っているでしょうか?

葉酸がつわりを軽減するのは、女性ホルモンの代謝を促進するビタミンB6が含まれているからではないかと言われています。

つわりの主な症状としては、吐き気、嘔吐があります。

もう吐くものが胃になくても、吐き気がするため相当辛いものです。食欲も無くなり、飲み食いがまったくできないという人も中にはいます。

そんな辛いつわりも、葉酸を意識して多く摂っていることで緩和されたり、あるいはつわりがほとんど無く済むこともあるのです。

辛い気持ちで横たわることは、胎児にとっても良い影響があるとは言えませんので、是非とも葉酸を活用してもらいたいと思います。

そして、葉酸にはつわり以外にも産後の女性に嬉しい効果があります。

産後は、ホルモンバランスの乱れや、体力の必要な育児のストレスなどが重なり、精神的に不安定になりやすい時期です。

葉酸は別名「ビタミンM」とも呼ばれていると書きましたが、Mはメンタルの「M」だとされ、精神疾患やうつ予防の効果もあるので、心身のバランスを保ってくれます。

その他、産後の抜け毛や肌荒れについても、タンパク質を作ったり、細胞の生産・分裂を助けたりする葉酸の効果が大いに役立ちます。

産後の女性が1日に摂取すると良いとされている葉酸の量は、340μgです。

葉酸サプリメントはいつ飲めばいい?

葉酸サプリメント

では、葉酸サプリメントの効果を高めるためには、いつ飲むのが一番良いのでしょうか?また、飲み方で注意することはあるのでしょうか?

実は、いつ飲めば最も効果的に葉酸を摂取できるかについては、製造メーカーや専門家によっても意見が異なっていますが、おススメするのは次のタイミング。

☆ 食前のタイミング

☆ 就寝前

一般的に、栄養吸収率が高いのは空腹時なので、食前のタイミングで飲めば葉酸も吸収されやすくなります。ただ、吐き気がひどかったりして胃の調子が悪いときなどは、無理しないようにしましょう。

また、就寝前に飲むこともおすすめです。

就寝前に葉酸サプリメントを飲むと、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きを高める効果があります。

成長ホルモンは子供の成長にだけ重要ではありません。お腹の中にいる胎児にもとっても大切なホルモンであり、お母さんが不眠症だとお腹の中の赤ちゃんも調子が悪くなってしまいます。

女性ホルモンの分泌量も成長ホルモンと関係性がありますし、成長ホルモンは疲労回復や免疫力の向上にも働きます。

なので、しっかりと夜は休むようにしましょう。

妊活中でも効果絶大!子宮への血流改善と妊娠力アップの関係

タバコを吸うと妊娠しにくいとか、妊娠しても流産しやすいということはご存知の通りですが、その理由を知っていますか?

タバコによる害はニコチンと一酸化炭素によるところが大きく、ニコチンは全身の血管収縮作用を持ち、血圧上昇、心拍数の上昇が引き起こされる。当然、血管が細くなると子宮にも酸素や栄養素が十分に行き渡らないため、妊娠しにくい環境が出来上がってしまうのです。

月経不順や無排卵月経、着床障害といった症状には血流が大きく関わっているし、お酒やストレスも不妊の原因だと言われますが、それらも結局は血流悪化による子宮への栄養不足を引き起こしているからだと思ってください。

また、女性に多い「冷え症」も妊活においては大敵です。

冷え性は血流不順により手足などの末端が冷えてしまう症状ですが、その原因は、筋肉量の低下、自律神経の乱れ、暴飲暴食と様々なことが言われています。

冷え症の対策としては、軽いウォーキングやヨガ、ストレッチなどの適度な運動が良いとされます。

しかし、生活習慣によってはそういった運動を取り入れることが難しかったりもしますので、せめてもの血流改善に効果のあるものを食べ物で摂取するようにしましょう。

こういった血流問題は、妊活においては特に気にする必要がありそうですが、葉酸がこの問題をサポートしてくれます。

ですから、妊娠前からでも葉酸サプリメントは摂取する方が良いのです。

妊活中に摂取する量としては、1日240㎍よりも少し多めに摂ることを目安にしておくとよいでしょう。妊娠中は1日400μgが推奨されますが、そこまで摂る必要はありません。

食品中にもある程度の葉酸が含まれていますので。

葉酸サプリメントは数回に分けて飲む

日常生活の中で消費するエネルギーの生産や造血、あるいは細胞分裂など様々なところで葉酸は利用されていますので、何もしなくても少しずつ体の中から葉酸は消費されます。また、葉酸は水溶性のビタミンですから、一定時間で尿中にも出て行ってしまいます。

しかし、葉酸という栄養素の特徴の1つに「体内に蓄積することができる」という点があります。

小分けに葉酸を摂取すると、体の中から消費される葉酸の量をキープできるわけです。ですから、おすすめの飲み方としては、1日分を一度にまとめて飲むのではなく、数回に分けることです。

こうすることで、葉酸が少しずつ吸収され、体内に葉酸がある状態を保ちやすくなるんですね。

こういったことや、製造メーカーおすすめの飲み方があれば参考にしつつ、体調も考慮して食前・食後・就寝前など自分に合った方法で飲むようにしましょう。

葉酸サプリメントの飲み方の注意点

先ほど、葉酸は、水溶性(水に溶けやすい)ビタミンの一種だと紹介しました。

つまり、葉酸は一緒に摂る水分の影響を受けやすいのですが、葉酸の吸収を阻害しやすいものがありますので注意しないといけません。

その代表例がカフェインです。

カフェインが含まれる飲み物には、最も身近なところでは緑茶やコーヒー、紅茶などがありますが、他にもココアやコーラ、栄養ドリンクなどにもカフェインが含まれています。

妊婦さんであれば、ノンカフェインを意識するようにはなるとは思いますが、妊活中または産後にはうっかりしてしまうこともありますのでご注意ください。

やはり、飲み合わせの問題を考えると、一番おすすめな飲み物は、水と白湯です。

葉酸の過剰摂取による副作用

妊活中や妊娠中はできる限り多くの葉酸を摂取することが望ましいとされるものの、過剰摂取による副作用もあります。

症状としては、発熱や湿疹、呼吸障害が起こるとされます。

副作用が出るかどうかについては、実際に学術研究や疫学研究において様々なデータが残っています。それらの結果から言えることは、その時々の体調によって変わるということです。

過剰な葉酸が悪さをするかしないかは、細胞のコンディションによっても異なりますので、よほど体調がすぐれない時は、サプリメントの使用を控えて病院に行くほうが賢明かもしれません。

しかし、通常はサプリメントに書かれている使用量を守っていれば問題はありませんのでご安心ください。

葉酸サプリメントの選び方

葉酸サプリ

一口に「葉酸サプリメント」と言っても、どれも同じではありません。

まず、サプリメントに使用されている葉酸には2種類あることを覚えておいてください。

  • 天然素材から作られた「食事性葉酸」
  • 石油から合成された「合成葉酸」

どちらにしても、市販のサプリメントに使用されている葉酸は、基本的には安全性に問題ないものとされていますし、特に葉酸サプリメントは妊活中の女性や妊婦さんの多くが利用することから、安全性には特に注意されているものばかりです。

生産工場も原材料から製造工程まで、品質や衛生管理の規定であるGMP(Good Manufacturing Practice)認定を受けているところが原則だと思ってください。

GMP認定工場で生産されていないサプリメントは避けるようにしましょう。

品質・安全性が大丈夫だと言われても、やっぱり妊活中または妊娠中の女性が飲む場合は、普段よりも一層安全性について慎重になりますよね。

そこで、おススメしたいのが「食事性葉酸」です。

実際、合成葉酸の方が体内への吸収率が高いとされていますが、吸収される過程で内臓に負担をかける可能性が高いとも言われています。

ですから、石油由来の成分が胎児に残留する可能性についても考えると、妊活中または妊娠中の女性には食事性葉酸が使用されているサプリメントの方がおすすめなのです。

食事性葉酸の原料である天然素材には、レモンやアセロラ、ホウレンソウなど様々なものがあります。それらの原料の産地や、農薬の使用の有無、着色料等の食品添加物の量などについて調べてから購入するとより安全です。

また、福島原発事故が起こって以来、ますます過敏になっているかもしれませんが放射性物質についても確認しておくと良いでしょう。

葉酸は他のビタミンと一緒に摂ると吸収されやすい

葉酸は消化管からの吸収において、他のビタミン類と一緒に摂ると効率が上がるという性質があります。

食品ですと、海苔にたくさんの葉酸が含まれているのですが、おススメとしてはシジミの味噌汁に海苔を混ぜて食べれば、シジミに含まれるビタミンが葉酸の吸収を助けてくれます。

なので、葉酸サプリメントを選ぶ時には、葉酸だけでなく他のビタミンが多く配合されたものを選ぶと効果的ですね。

1粒あたりの葉酸含有量を確認しよう

例えば、ある妊娠中の女性が、1日に400μgの葉酸をサプリメントから摂取するつもりだとします。1粒に全量の葉酸が含まれているサプリメントでは、1日に1回飲めば良いことになります。

何度も飲まなくて良い分、手軽ですが、一定量の葉酸が体内にある状態を保ちたいと考えている場合は、1日数回飲むことができる別のサプリメントを探した方が良いでしょう。

また、産後も長期間継続して葉酸サプリメントを飲んでいきたいと考えている場合や、他の家族も同じサプリメントを飲む場合は、1粒あたりの葉酸含有量が400μgでは多すぎます。それぞれの状況に適した含有量の葉酸サプリメントを探すようにしましょう。

葉酸サプリメントを利用する場合、毎日飲むものなので飲みやすさも重要です。

錠剤タイプならば粒が小さいものがよいですし、粉末タイプは喉に詰まったり1回量にバラつきが出たりしやすいです。

特につわりがあるときには、少しでも飲みにくさを減らすことが大切です。

粒の形や大きさ以外にも、香り等のチェックもかねて、最初はお試し用に少量の葉酸サプリメントを購入してみましょう。

葉酸サプリメントの効果と選び方のまとめ

✅ 葉酸サプリメントは妊活中から利用し、妊娠中・産後も継続すべし!

✅ 食前・食後・就寝前など、小分けにして1日400μg を目標に摂取すべし!

✅ 食事性葉酸を配合したサプリメントを選ぶべし!

✅ 水または白湯で飲むべし!

以上のことを覚えておけば大丈夫です。

特に、妊娠中の人は葉酸欠乏が胎児の先天異常の危険性を高めてしまいますので、意識して葉酸を摂取してください。

食べものの中では、海苔(のり)がダントツで含有量も多く、大きな海苔なら2枚でかなりの量の葉酸が補充できます。食卓に海苔を置いてみてもよいかもしれませんね。

あと、いつまでサプリメントを飲めばいいの?という疑問を持っている人も多いですが、妊娠中はもとより、産後も栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんにあげるためにも葉酸は継続して摂取しておくべきです。

ただ、量は妊娠中よりも減らしておきましょう。

産後、母乳が出る間は1日340μgを目安にし、その後は240μgを目安にするくらいまで減らせば大丈夫です。

過剰摂取は副作用がでる可能性を高くしてしまいますので。

おススメの葉酸サプリメント



当サイトがおススメするのは、Alobaby(アロベビー)です。

芸能人・モデルママの愛用者も多く雑誌・SNSで話題のブランド。

1粒あたり100μg なので、1日4回に分けて飲めますし、他のサプリメントでは不足しがちなビタミンやミネラルもカバーできますので、つわりで辛いときや食欲がない時に無理して食事をする必要性も少なくなります。

葉酸は他のビタミン類と一緒に摂ると吸収効率がアップすると書きましたよね。

覚えていますか?

つまり、Alobaby(アロベビー)だと葉酸の吸収率も心配いらないということです。

さらに錠剤も小さいので飲みやすい。

alobaby

アロベビー葉酸サプリメントの口コミ評価ってどうなの?

そうはいっても、やっぱり口コミとか効果が気になっちゃうという人も絶対にいると思いますので、ちょっと補足説明しておきますね。

数ある葉酸サプリメントそれぞれには悪い口コミも良い口コミもありますが、果たしてどれが一番良いのか?ということでしょう。

もちろん、ここでおすすめしているアロベビー葉酸サプリメントも例外ではなく「効果が実感できない」という声もあります。

なんだ、やっぱり・・・

とガッカリするのは早とちりですよ。

冒頭でも書きましたが、葉酸という栄養素は摂取したからといって、劇的な体の変化が起こるものではありません。

事実、色々な口コミを見てもらえると共通していることに「葉酸サプリメントを摂ったらこんなに良いことが起きました!」という具体的な証言がほとんどないことに気付くはずです。

もしも、葉酸サプリメントを飲んだら妊娠できた!とか、赤ちゃんが産まれました!という口コミがあったとすれば、その口コミほど信憑性の低いものはありません。

どこかのサクラが書いたコメントか、販売会社が勝手に作ったコメントの確率が高いです。

(もちろん、サプリメントを利用し始めてから妊娠した人もいるので、100%とは言い切れませんが、過剰に「サプリメントのおかげ」というタレコミは鵜呑みにしないようにしよう)

そもそも、葉酸は私たちの体の中でDNA合成やエネルギー生産などに使われている必須の栄養素の1つであることはお伝えしました。必須であるからこそ、不足すれば体調不良が起こりますが、そこで葉酸をサプリメントとして補充してあげることで元の元気な体調に戻してくれる効果はあります。

「体の調子を下げさせない」ということこそが葉酸サプリメントを利用する本質なんです。

とりわけ、妊活中は体調不良にならないように健康管理をしておくことは受精卵が子宮に着床するためにも、とっても大切なことです。だからこそ、葉酸を摂ることは大事ですが、葉酸を摂りさえすれば万事OKというわけではありません。

もちろん健康管理の一環として、その他栄養素もまんべんなく必要です。

また、妊娠中は普段の自分の体に加えてお腹の中の胎児は活発に細胞分裂して大きくなるためにも葉酸が大量に必要なので、たくさん葉酸を摂りましょうねと言われているわけで、葉酸サプリメントを摂ることで本来、お腹の子供が健康であるべき姿で元気に産まれてきてくれやすくなるということも理解が必要ですね。

口コミ評価はすごく気になるかもしれませんが、妊活中から妊娠中、出産後にいたるまで葉酸サプリを使うことで、健康で良い体調を維持しましょうというのが意図であると覚えておいてもらえるとよいのではないでしょうか。

とにかく、口コミの良し悪しだけにとらわれないようにしましょう。

葉酸サプリメントを選ぶコツは、葉酸以外の栄養素として何が含まれているかや飲みやすさが大切です。

あとは少しでも価格を抑えるために定期購入をすることになるかもしれませんが、その場合、解約をしようかなと思った時にスムーズに手続きができるところを選びましょう。

アロベビー葉酸サプリメントはそういった点でも合格です。

内容量 : 120粒/袋(1カ月分)

価格 : 定期便なら初回980円で2回目以降が3,480円

1日あたり116円程度(1粒29円)と考えれば、自動販売機でジュースを買うより安い!

もちろん、購入して気に入らなければ全額返品保証が付いています(※購入してから15日間)。

定期便だって、いつでも休止・解約できるので安心。

葉酸サプリメントの利用で迷っているならおススメです。

alobaby

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする